薄毛になりやすい食生活・生活習慣とは

薄毛になりやすい食生活・生活習慣とは

薄毛はシャンプーをした後よく洗い流さない、暴飲暴食をしている、ストレス、不規則な生活など生活習慣が乱れているなどが原因で起こります。

 

生活習慣においては、夜早く寝ないといったことや、ストレスがたまりすぎて、肉体的にも精神的にもきつくなっているということが影響しています。あまりにストレスがたまってしまうと円形脱毛症になってしまうこともあります。ストレスは自律神経が乱れるため、血行が悪くなり頭皮へも影響が行きにくくなります。

 

頭皮へしっかりと栄養を届けるためにも早めに寝たり、寝る前に湯船につかってリラックスしたりすることが大切です。頭皮のマッサージなどを行ってもすっきりとします。
食生活では、ケーキや揚げ物といった脂っぽいものを食べるのは控える様にしましょう。

 

皮脂が過剰に分泌され、髪の成長を阻害してしまう可能性があります。

 

髪の毛の成長にはたんぱく質が必要ですが、肉類など動物性たんぱく質を多くとってしまうと、肉に中にある脂肪が体に蓄積され、汗と共に排出しようと試みます。汗は頭皮からも出ているので、毛穴を詰まらせる結果となります。できるだけ、魚類や大豆製品などからたんぱく質をとるようにしましょう。

 

また、アルコールやたばこといった嗜好品も薄毛を促すきっかけとなります。

 

たばこに含まれているニコチンは血流を悪くさせる働きがあり、頭皮だけでなく毛髪や毛根に栄養を届けることができなくなってしまいます。アルコールに関してもほどほどに飲んでいれば、血管が広がり血液の循環が良くなるのですが、飲み過ぎてしまうと、肝臓が解毒しようと働くため、頭皮に血液が流れにくくなり、栄養が行きにくくなります。

 

また、肝臓の負担がかかるので、毛母細胞が活性化せず、新しい細胞を作ることができにくくなります。

 

この他に食べすぎも良くない食生活の一つです。人間は胃に食べ物が入ると、血液が胃に集中し一生懸命消化をしようと働き始めます。食べすぎていることが多くなると、血行が悪くなり薄毛の原因となります。