体内から育毛!タバコ・ストレス・過度な飲酒の悪影響とは

体内から育毛!タバコ・ストレス・過度な飲酒の悪影響とは

近年では、薄毛などに悩む方も増加傾向にあります。老化による原因のほかにも、若い世代では、生活習慣の乱れや食生活の乱れ、その他にもストレス、さまざまなものが考えられます。
また、タバコを吸う方や、アルコールなどを多量摂取する方なども髪の毛にとっては悪影響を与えることもあるでしょう。
タバコを吸うことで、血管を収縮する作用があるため、これが髪の毛の育毛を阻害する原因になることもあります。

 

食事などは体内に栄養を取り込むためには必要なことですが、体に栄養を行き渡らせるには、血液を利用しています。そのため、タバコを吸い、血管が収縮してしまうと、血流の悪化につながりそれが、頭皮にも影響を与え、髪の毛の育毛を阻害する原因になる可能性があります。

 

 

また、過度な飲酒をしている場合にも、髪の毛にとって影響を与える場合があります。

 

アルコールを摂取することで、肝臓に負担がかかります。肝臓は、血液の循環にも影響があるため、アルコールの分解をしていると、血液の循環などが悪化する場合があります。そのため、これも抜け毛や髪の毛の育毛に悪影響を与えることがあります。

 

また、飲酒を好む方は、お酒だけでなく料理などをつまみとして食べることも多いでしょう。

 

お酒のつまみとしては味付けの濃いものや脂分の多いものなども多く、これも、体にとっては悪影響になり、特に脂分が多いものを食べてしまうと、皮脂の分泌量が増加してしまうことがあります。これが頭皮の毛穴を詰まらせる原因になることもあるため、髪の毛にとって悪影響につながることもあります。

 

飲酒はほどほどにして、あまり多量のアルコール摂取をしないように心がけることや、あまり味付けの濃いもの、脂分の多いものは控えるようにすることも大切です。
禁煙を心がけ、飲酒などもある程度自分で調節していくといいでしょう。

 

また、ストレスなども抜け毛や髪の毛に影響が出る場合があるので、ストレスもできるだけ溜め込まない生活環境を整えられるように改善していきましょう。