父、祖父がハゲていたら絶対にハゲてしまうのか?

父、祖父がハゲていたら絶対にハゲてしまうのか?

父や祖父がハゲていると、自分もハゲてしまうとよく言われています。信憑性が高いようでもあり、都市伝説のようでもあるこの話は、ある意味では本当のことでもあります。薄毛は遺伝による影響も大きく、親族に髪の毛の薄い人が多ければ、それだけ自分もハゲてしまう可能性はたかくなります。

 

ただし父や祖父がハゲているからといっても、すべての人が必ずしもハゲる訳では無いこともわかっています。

 

また隔世遺伝という言葉を聞いたことがある人も多いかもしれませんが、遺伝の影響を受けるのは父ではありません。

 

祖父、しかも母方の祖父からの影響を大きく受けるとされています。

 

薄毛の原因である男性ホルモンが強くなる体質は、母親の遺伝子から受け継ぐのです。

 

母方の祖父から受け継ぐ遺伝子により、ハゲてしまう確率は25%程度とされています。

 

この数字を高いと思うか低いと思うかはそれぞれの考え方次第ですが、少なくとも祖父がハゲているからといって必ず自分もハゲるわけではないことは確かです。

 

では、親族に薄毛の人がいると同じように髪の毛が薄くなるのはなぜでしょうか。

 

もちろん遺伝による影響もありますが、食生活などの生活習慣が同じであることも理由のひとつになるでしょう。

 

薄毛は遺伝だけでなく、食生活や睡眠、ストレスなどが大きく影響してきます。毛髪の育成に悪影響のある生活を長年にわたって続けていれば、それだけハゲてしまうリスクも高くなるでしょう。

 

これは言い換えれば、生活習慣を改善することで遺伝による薄毛を回避できる可能性があるということです。

 

毛髪の育成に必要なのは十分な睡眠、規則正しい生活、バランスのとれた食事、正しい方法でのヘアケアが基本になります。

 

これらを見直すだけでも薄毛の予防には十分効果があるでしょう。

 

当然人間ですので、いつかは薄毛になることもありますが、その時期を遅らせることは可能です。最近は病院で薄毛治療をすることもできるので、医療の力を借りるのも有効な方法です。